工場・店舗照明LED

工場・店舗照明LED

LEDではじめる改正省エネ法対策

改正省エネ法とは?
業務部門の省エネ・CO2削減をさらに強化するために、2010年4月から「改正省エネ法」が完全施行されました。
それに伴い、企業(事業者)単位でのエネルギー管理が義務づけられ、あらゆる企業で省エネ対策の強化が急務になっています。
そこで今、注目を集めているのが消費エネルギーの低い「LED照明」。
次世代の省エネ照明ともいわれるLEDで、省エネ対策をはじめましょう。 改正省エネ法説明

年間エネルギー使用量が1,500kℓ以上となる事業者の目安

アミューズメントホール:7~10店舗以上
ホテル:客室数 300~400規模以上
コンビニエンスストア:30~40店舗以上
ファーストフード店:25店舗以上
ファミリーレストラン:15店舗以上
事業者の目安 イメージ
事業所の立地条件(所在地等)や施設の構成(例えばシティホテル・ビジネスホテル)等によって、エネルギーの使用量は異なります。上記は一般な目安として例示したものになります。

改正省エネ法対策になぜLEDなのか

日本におけるCO2排出量の約5%、電力由来に限れば約20%が照明によるものです。 その照明から省エネ対策を進めることは、改正省エネ法対策の第一歩だといえるでしょう。
中でも、環境負荷の低い照明器具として台頭しているのがLED照明です。 改正省エネ法という社会ニーズを受け、今後は飛躍的に普及していくものと考えられます。

日本全体のCO2排出量と照明の状況

照明の電力由来によるCO2排出量は3.3億t(トン)。 その内、照明が占める比率は約20%になります。
日本全体のCO2排出量と照明の状況 グラフ図

LEDの導入と切り替えフロー

改正省エネ法が施行されたことで、店舗展開が必須の小売業、飲食業、フランチャイズチェーンにおいて、LED照明による省エネ施策が進んでいます。 これから建てられる店舗では基本仕様がLEDが主流となり、存店では電力消費の多い従来照明からLEDへと切り替える動きが今後さらに加速していくでしょう。
LEDの導入と切り替えフロー イメージ

WEBカタログで詳しく解説しています。こちらもご覧下さい。

LEDに変えるとこれだけお得!

HID400Wに劣らない明るさをLEDで実現。
HID400Wと比べて約3.3倍の寿命、約59%の消費電力削減。

ハイパワー&高演色LED。
高効率でムラのない美しい光と紫外線・熱線を含まない光が照射物の劣化を抑え効率的なライティングを実現。

ハイパワーかつ高演色LEDで、省エネを実現しながら、照射物をより鮮やかに演出。

ハイパワー&高演色LEDで空間の明るさを確保するとともに、髪や肌の色みを忠実に再現し、ありのままの美しさを引き出します。

高演色LEDの光で、省エネを実現しながら、色彩は鮮やかに、素材は生き生きと表現。
より白熱光源に近い色味が落ち着きや高級感のある雰囲気を演出。

ハイパワーLEDと調光可能なLEDの組み合わせで省エネ・省メンテナンスを実現しながら、多彩な演出に対応。

低消費電力・長寿命LEDの採用で、従来の光源と同等の明るさを保ちながら、省エネ・省メンテナンスを実現。

調光タイプの高演色LEDであらゆるシーンへ実用性のある光を提供しながら、大幅な省エネも可能に。

LEDの省電力・長寿命に加え、ハイパワー&高演色で、照射物の素材感を強調し、メリハリのある演出が可能。

高演色、高効率、長寿命のLEDで、従来の白熱電球と比べて大幅に省エネを実現しながらワンランク上の空間を生み出す。

省エネシミュレーションはこちら